ぽっこりお腹の不快感は我慢せずに自分で解決しよう

改善策で体調回復

体重計を持つ人

便秘が原因で、ぽっこりお腹になってしまうこともあります。排泄がうまくいかないと、腸内にガスが発生して不快な張りを感じることもあります。便秘が長期間続いてしまうと体調不良を引き起こしてしまうので改善策を取り入れましょう。

詳細へ

食物繊維を正しく摂取する

腹部

ダイエットで食事制限を行なうと、必要な栄養素まで不足してしまうこともあります。特に食物繊維は、腸内の動きをスムーズにする為に必要です、ぽっこりお腹を解消したいと考えるなら、正しい知識を身につけましょう。

詳細へ

下剤とは違う効果

りんごとメジャー

ぽっこりお腹を解消したい方は、下剤ではなく浣腸を使ってみましょう。どちらも頑固な便秘を解消するのですが、浣腸の方が即効性もあり体にとって負担も少ないので安心です。

詳細へ

自分の便秘タイプを知る

腹囲計測

極端な食事制限や、食生活の偏りで便秘になってしまうこともあります。便秘になってしまうと腸内に便が溜まり、ぽっこりお腹になってしまいます。ぽっこりお腹になってしまうと、いくらスリムな体型であっても台無しです。解消するには、普段の生活を見直す必要があります。まずは食生活から正していきましょう。野菜や海藻などの食物繊維豊富な食品を多く摂取すると便秘の解消に役立ちます。また、発酵食品も腸内の善玉菌を増やす効果があるのでおすすめです。サラダや和え物など、いつもの食事にプラスすると便秘改善に役立ちます。腸内の活動が鈍い方は、水分を多く摂取しましょう。起き抜けに冷たい水や牛乳を飲むと、腸が活発になります。溜まった便も動いて便意を感じることがあります。ヨーグルトも昔から便秘改善に役立ってきました。おやつ代りにヨーグルト製品を食べてみるのも良いでしょう。

それでもぽっこりお腹が解消できないなら、浣腸を注入しましょう。浣腸は主成分がグリセリンなので、体に害がなく安全です。また、肛門から注入するので効果がすぐに現われます。早い方なら注入後5分程度で便意を感じ始めます。溜まった便をスッキリと排出したいのであれば、便意を感じても我慢しましょう。すぐに排出しても浣腸液だけの場合もあります。便が動いて不快な感じがしても、10分程は様子をみましょう。腸内に液がいきわたることでスムーズに排泄ができるのです。効果をより高める為に、浣腸液を温めましょう。