ぽっこりお腹の不快感は我慢せずに自分で解決しよう

下剤とは違う効果

りんごとメジャー

慢性的な便秘は、ぽっこりお腹の原因になってしまいます。便秘は腸内に排泄物が溜まっている状態なので、体にとっても良くありません。排出物が滞っていると、腸内にガスが発生してきます。ガスが発生すると、不快な張りを感じ食欲不振になります。腸内環境が乱れると、肌荒れも起こってしまいます。

ぽっこりお腹を解消する為に下剤を使う方もいるでしょう。しかし、下剤は時に痛みを感じることもあり体力を消耗してしまいます。体のことを考えてぽっこりお腹を解消したいのであれば、浣腸を使いましょう。浣腸の主成分の多くはグリセリンです。腸内に刺激を送るのではなく、固くなった便に水分をまとわすことで柔らかくして排出させる仕組みになっています。その為、痛みを感じることなくスムーズに便を排出することができます。また、浣腸は肛門から注入するので、すぐに効果が現われます。

浣腸を注入すると数分後には便意を感じるはずです。その為、自分で便意をコントロールできます。長期間の便秘は頭痛やめまいなどを引き起こしてしまいます。そうなる前に浣腸で頑固なぽっこりお腹を解消しましょう。浣腸は、ドラッグストアや病院で扱っています。ネットでも購入できるので購入してみましょう。浣腸を初めて使う時は必ず用法や容量を守りましょう。どのメーカーでも、連続の使用を避ける様に注意しています。日常的に使うと効果が薄れてしまうこともあります。年齢によって使用する浣腸の量が決まっているので、説明書を読みながら確認しましょう。